本文へ移動

沿革

沿革

昭和  3年12月
海南市にて大岡正治個人経営の「岡冶紙器製作所」を創業し紙器製品の製造、販売を始める。
昭和27年海南市山崎町(現オカジ紙業本社)に移転。
昭和27年 3月資本金300万円の法人組織「株式会社岡冶印刷紙器製作所」を設立。
昭和31年 5月海南市日方新浜に新浜工場を開設し、ダンボール製造専門工場として稼動。
昭和34年 5月和歌山市西浜にダンボール製造専門工場を建設。
昭和47年 1月資本金1200万円に増資。
昭和59年 5月愛知県豊橋市明海町に豊橋工場を建設。
昭和60年 2月門司工場を1,600㎡増築し建築面積5,200㎡となり新鋭生産設備増設。
昭和60年 8月和歌山工場のコルゲータマシンを1,800巾×180mに更新。
平成元年 6月和歌山工場を3,700㎡増築。
平成  5年 1月
社名を「オカジ紙業株式会社」と改称し、新たに「オカジ株式会社」を販売会社として設立。
平成  7年 3月
豊橋工場にサミット3色プリンタースロッタを新設。
平成12年10月和歌山工場のプリンタースロッタを梅谷プラムμに更新。 和歌山工場でISO9002認証取得。
平成14年 9月和歌山工場のロータリーダイカッタを東海テクノハードTFD-223Lに更新。
平成15年 2月ISO9002廃止に伴いISO9001を再取得。
平成16年 8月門司工場のフォルダーグルアを梅谷プラムμに更新。
平成17年 4月豊橋工場で医薬部外品・化粧品の製造を認可。
平成17年 5月和歌山工場の3色プリンタを梅谷プラムμスーパーFに更新。
平成17年10月和歌山工場のコルゲータを220m/分に改造。
平成18年 3月和歌山工場でISO14001認証取得。
平成18年 4月豊橋工場にセット作業棟1,000㎡を増築。
平成18年10月和歌山工場にエボル84フレキソフォルダーグルアを新設。
平成19年 3月豊橋工場でISO14001認証取得。
平成19年 8月コルゲータにCフルート生産設備を追加。
平成22年 8月A,Cフルートシングルフェーサを三菱60Hに更新。
平成24年 3月カーブス シティ和歌山元寺町店をオープン
平成24年 8月コルゲータのペーパーガイドをゼミスコ WACSに更新。
平成24年 8月コルゲータのカッターをISOWA HC02に更新。最高速度250m/分。
平成25年 1月中期経営計画 イノベーション2015スタート
平成25年 2月オカジグループにシゲタ巧芸紙業が参加
平成26年 7月豊橋工場のグルアラインを梅谷 EQOSに更新。
平成27年 1月コルゲータのスタッカーを静岡工機 X-300DⅡに更新。最高速度265m/分。
平成28年1月和歌山工場に梅谷 EQOS フレキソフォルダーグルアラインを新設
平成28年1月和歌山工場でカートンマスターAP-1600 マークⅢに更新
平成28年 2月門司工場へ梅谷プラムプリンタースロッターを移設
平成28年 8月カーブス わかやま延時店をオープン
平成28年10月和歌山工場、豊橋工場でFSC®(森林認証)COC認証取得 認証番号:SA-COC-005390
平成29年 2月豊橋工場の印刷機を梅谷エクオス3Pに更新
平成29年 8月和歌山工場のコルゲータダブルフェーサをCDL5に更新。 最高速度300m/分
平成30年 8月コルゲータのスリッタースコアラーをISOWA HSS5×2台に更新
平成30年 8月コルゲータへ画像検査装置を設置
令和01年 5月
カートンマスターAP1600Ⅲを最新型の画像検査装置付に更新
FSC
TOPへ戻る