お問い合わせ
FSC
qrcode.png
http://okaji.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

ダンボールの仕組み

 

基本構造

基本構造
 
 段ボールは、基本的に「ライナ」「中芯」「ライナ」の3枚の紙を貼り合わせてつくられています。
また3枚の紙の材質を変える事で強度を変えることも出来ます。
 

段(フルート)

段(フルート)
 
 段ボールの中芯に使われている波形部分を構成する段の事をフルートといいます。
この波形部分は高さによって区別され、必要とされる強度や用途によって使い分けられます。
 
 
             最も標準的な厚さの段ボールになります
             強度も優れているので、引越しや青果物の梱包に使われることが多いです
 
 
 
 
 
             厚みが3mmと薄いため外装用や内装用、仕切りに適しています。
 
 
 
 
 
 
       Aフルートより厚みが1mm薄いですが、Aフルートより段の数が多いため強度はほとんど変わりません。
       薄くなったことで、Aフルートよりも積載効率や保管場所の削減にもなります。
 
 
 
 
 
 
   AフルートとBフルートを組み合わせた構造になっており、ABフルート又はW(ダブル)フルートと呼ばれています。
   高さが8mmもあるので、衝撃吸収性にも優れ、重量物の配送や貿易物の包装にも使用されています。
 

段ボールの種類

段ボールの種類
 
 
段ボールは構造によって次のように分けられます
 
 
<<オカジグループ>> 〒641-0036 和歌山県和歌山市西浜760番地ノ6 TEL:073-428-4111 FAX:073-428-4141